感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ


年末年始休診のご案内
下記の期間、休診とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいします。
守山本院 : 2016年12月29日(木)〜 2017年1月5日(木)
南草津分院 : 2016年12月28日(水)〜 2017年1月4日(水)
成人検診にかかせない、緑内障加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)などの診断・経過観察にOCTを導入しました。
OCTとは、眼底の網膜の断面を撮影する眼科検査器械です。
網膜の状態を三次元で解析することにより、通常の眼底検査では分かりにくい緑内障や黄斑疾患の診断・経過観察だけでなく、目の総合的な健康状態が把握できます。
【お気軽にOCT検査を受けられます】
OCTでの検査は、機械をのぞくだけの簡単な検査ですので、検査時間も少なく疲れず検査を受けていただけます。また保険適用となりますので、窓口負担も少額です。ご希望の方は、下の「眼科問診票」の各項目へご記入いただき、「☆その他、医師に知らせておきたい事、治療に対するご希望などありましたら、お書き下さい☆」のところへ「OCT検査希望」と書いて受診ください。
この問診票をプリントアウトし、お解りになる箇所のみを記載し、当院の受診時にご提出していただけます。
このホームページでは、年代別に多い(気をつけるべき)病気を知り、その予防に役立てていただくとを目的に公開しております
<<あなたの知りたい年代(イラスト)をクリックしてください。病名と簡単な説明文が見られます>>
年代に関係なく「共通」な病気と、最近使用者の多いコンタクトレンズに関する病気を記載しています。
<<イラストをクリックしてください。病名と簡単な説明文が見られます>>



  • ウイルス性結膜炎(ウイルスせいけつまくえん)
    ウイルス性結膜炎は、結膜(けつまく)白目(しろめ)部分の充血・出血、目やにや異物感、まぶしさを伴います。瞼(まぶた)の裏にブツブツが発生することもあります。
  • 近視(きんし)
    近視は日本人の約3分の1が該当するといわれ、眼科でもっとも多い症状です。近視は手元や近くの物はよく見えますが、遠くの物はぼんやりとしか見ることができません。
  • 調節緊張(ちょうせつきんちょう)
    調節緊張(ちょうせつきんちょう)は、読書やコンピューター、テレビゲームなど、近くを見る作業を長時間続けていると、眼の調節力が常に働いて・・・




  • アレルギー性結膜炎(アレルギーせいけつまくえん)
    結膜とは、いわゆる白目の表面部分と、上まぶたの裏側(白目と接するところ)と、下まぶたの裏側(白目と接するところ)をいい・・・
  • 結膜異物・角膜異物(けつまくいぶつ・かくまくいぶつ)
    結膜異物・角膜異物とは、結膜や角膜に異物が付着あるいは刺さった状態をいいます。治療は、異物を除去し、同時に感染の予防を行います。
  • ドライアイ
    ドライアイは、涙が普通より少ない、乾きやすいなどの理由で、黒目の表面に細かい傷がつく病気です。原因は、眼の病気や・・・
  • 眼精疲労(がんせいひろう)
    眼精疲労(がんせいひろう)は、眼を使う仕事を続けて行うとき健常者では疲れない程度でも容易に疲れて、眼の圧迫、かすみや・・・
  • 近視(きんし)
    近視は日本人の約3分の1が該当するといわれ、眼科でもっとも多い症状です。近視は手元や近くの物はよく見えますが、遠くの物は・・・
  • 乱視(らんし)
    乱視は主に角膜と水晶体の形状でおこります。角膜と水晶体を通る光の方向によって屈折する力が違う場合に網膜上の像が一点に結ばない・・・
  • 遠視(えんし)
    遠視とは、眼の調節機能が働いていないとき、眼に入った平行線が網膜よりも後方に像を結ぶ屈折状態をいいます。遠視では・・・