感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

眼鏡処方

眼鏡の練習風景 大人用の練習かけ枠
子供さん用の練習かけ枠
眼鏡練習ののち、下記の「眼鏡処方箋」を発行させていただきます。

検査説明

  • 当院では必ず眼の機能に異常がないか検査のうえ、視力などを検査したのち、決定した度数で眼鏡の装用テストを15分程度おこないます。また、眼鏡をお使いになる生活に必要な条件をお聞きします。
    例えば、車の運転で遠くを見ることが必要である。趣味で編み物を長時間する。教壇で生徒さんの顔と教科書が見えないと困る。コンピューターの作業が多い等々。近視、乱視、遠視、遠近両用等のテストのレンズを患者さん用に決定した度数だけでなく、使用目的を加味した度数での装用テストとなります。このときに、実際の生活と同じように遠くを見たり、手元を見たり、また少し歩いたりしていただきその度数での慣れを相談します。このテストに15分程度かかりますが、大事な練習ですので、面倒がらずにテスト用眼鏡をかけてください。このテストののち、度数の問題がないことを確認して眼鏡処方箋を発行させていただきます。眼鏡店は近くのお店をご紹介しておりますが、処方箋どおり作成していただけるところであれば、どこで作成していただいても結構です。またお作りになられた眼鏡の再検査も行います。
    また、最近はコンタクトレンズをお使いの方も多いですが、病気のときや、寝不足の時等に使用できる眼鏡を1つは用意しておくのも重要なことです。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。