感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

隅角検査(ぐうかくけんさ)



  • この検査は緑内障ならではの検査の1つです。少し難しくなりますが、角膜と虹彩との隙間のことを隅角といい、この隙間は眼内から眼外に流れ出る房水の出口となっています。ここに異常があると詰まってしまい、眼圧の異常や緑内障の原因となります。一般的にこの検査は、点眼麻酔のあと特殊なレンズを眼の上に載せて検査ミラーをうまく利用して通常では見えない部分である隅角を観察します。もちろん検査に痛みはありません。  「眼の構造」

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。