感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

OCT(optical coherence tomography・光干渉断層計)

  • 成人検診にかかせない、緑内障加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)などの診断・経過観察にOCTを導入しました。
  • OCTとは、眼底の網膜の断面を撮影する眼科検査器械です。
    網膜の状態を三次元で解析することにより、通常の眼底検査では分かりにくい黄斑疾患や緑内障の診断・経過観察に有効です。また、その他検査とあわせて目の総合的な健康状態が把握できます。
    OCTとはoptical coherence tomographyの略で 光干渉断層計との意味です。網膜の断面像を高速、高解像度で描出する検査装置で、解像度の高い眼底断層像を表示するほか、3Dアニメーション表示や定量計測等の解析ができる等の特長があり、網膜疾患や緑内障の診断と経過観察をする上で貴重なデータとなります。

    OCTでの検査は、機械をのぞくだけの簡単な検査ですので、検査時間も少なく疲れず検査を受けていただけます。
    診察室ではOCTのデータを画像ファイリングシステムにて管理しており、診察での画像(スリットランプや眼底カメラでの撮影画像)とあわせて、ご自身の目の状態を保存できます。
    このシステムにより、ご自身の検査データや画像の現在と過去とを容易に比較できますので、よりわかりやすい説明・診断・治療が可能となりました。緑内障にとどまらず、老眼や白内障など何となくご自分の目に心配をお持ちの方はお気軽にご利用ください。


    ※検査はご予約もできますので、お気軽にお問い合わせください。TEL077−583−2134

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。