感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ぶどう膜炎(ぶどうまくえん)

主な症状

  • 物(虫・糸くず・輪)が飛ぶ・物(虫・糸くず・輪)が見える。かすむ・まぶしい。眼が痛い。

どんな病気?

  • 眼には虹彩・毛様体・脈絡膜の3つの組織があり、これらを合わせてぶどう膜といいます。この,ぶどう膜が炎症を起こす病気を、ぶどう膜炎と呼びます。ぶどう膜は眼の組織のなかでも血管の多い組織なので、炎症の原因がぶどう膜だけでなく、全身の他の疾患が関わっていることも多くあります。
    原因によって治療法は変わりますが、ぶどう膜炎は原因が不明なことも多く、症状やそれに対する治療方法を確かめながらの治療となります。眼科の先生の指示どおりに通院することが大事です。

    ※眼の構造へ

  • 60分

Q&A

  • ぶどう膜炎の治療で気を付けることはありますか?
  • 炎症の状態によって緑内障や白内障、網膜剥離などの合併症を起こす事があるので指示のとおりに診察を受けましょう。また、長期の治療が必要な場合が多いので、万が一他地域への転居の場合などは現在通院中の眼科にて相談されることも必要でしょう。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。