感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

雪目(ゆきめ)、電気性眼炎・雪眼炎(でんきせいがんえん・せつがんえん)

主な症状

  • まぶしい、異物感、眼の痛み、涙、眼瞼(がんけん;まぶた)のけいれん

どんな病気?

  • よく言われる雪目(ゆきめ)は電気性眼炎・雪眼炎と同じくどちらも、紫外線の多い光線にさらされたときに起きます。電気性眼炎は電気熔接や人工太陽灯によるものを、雪眼炎はスキーなどによるものをいいます。光にさらされて6時間から10時間くらいして急に症状が出始め、症状が重い場合は目を開いていられなくなります。角膜の炎症や角膜上皮剥離を伴っている場合も多く、治療は目薬の点眼が中心となります。紫外線は眼(角膜)にとても悪いものですから,紫外線が強いときには必ずサングラスを装用するようにしましょう。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 約10分です。
  • サングラスはどのようなものがいいのですか?
  • 紫外線をカットするサングラスを使用することは有効ですが、色が濃すぎると光を遮りすぎて瞳孔を散大させ、かえって眼の中に入る紫外線が多くなってしまう場合もありますので、極端に濃くない物がいいでしょう。また、UVカットの表示がないと紫外線を遮断する効果がありません。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 症状がでたら、メガネの使用をおすすめします。どうしてもコンタクトレンズを使用しなければならないときは、まずは眼科で相談してください。最近は紫外線をカットするコンタクトレンズも出ていますが、雪山等日差しの強いところではサングラスとの併用が必要です。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。