感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう)

主な症状

  • 急激な眼のかすみや電灯の周囲に虹が見えることもあります。眼の奥の激しい痛み・頭痛・吐き気 ・充血をともないう場合もあります。

どんな病気?

  • 緑内障にはいろいろな種類がありますが、隅角(ぐうかく)が生まれつき狭く、そのため眼圧が上昇しやすく、緑内障になる場合を原発閉塞隅角緑内障と呼びます。このタイプの緑内障は加齢(かれい=年齢を加えること)により隅角の狭い状態がさらに進行し、急に眼圧が上がり急性の閉塞隅角緑内障の発作が起こる場合があります。また、隅角が閉じたり開いたりするタイプの慢性の閉塞隅角緑内障は、自覚症状が少なく、症状に気づきにくいことがあります。

    ※眼の構造へ

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 60分です。 ※視野検査の場合+10分
  • 定期検査はどのような人に特に必要ですか?
  • 一般的に40歳を過ぎたら、最低でも3年に1回、できれば毎年1回は、眼科で緑内障の定期検査を受けてください。特に、血縁者に緑内障の患者さんがいる方は要注意です。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。