感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

近視(きんし)

主な症状

  • 遠くが見にくい。かすむ。疲れやすい。

どんな病気?

  • 近視は日本人の約3分の1が該当するといわれ、眼科でもっとも多い症状です。近視は手元や近くの物はよく見えますが、遠くの物はぼんやりとしか見ることができません。光が網膜の前で焦点が合ってしまい、ピントが合わない状態となり、それが原因で遠くがぼやけて見えます。 つまり、眼内に入った光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態をいいます。  
     ※屈折異常・「近視」へ


    1)角膜や、調節(ピントあわせ)をおこなう水晶体の屈折力が大きすぎる場合を 「屈折性近視」といいます。
    2)角膜から網膜までの長さ(眼球の長さ=眼軸長)が正常よりも長い場合を「軸性近視」といいます。
  • 通常、少年期から起こって、10代の後半から20代前半に進行は止まると言われていましたが、最近はパソコンなどの普及により、成人以降も近視が進むことがあると報告されています。また、当然のことながら適切なメガネやコンタクトレンズを使用しないでいると目は疲れやすくなります。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 30分
    ※眼鏡処方の場合+20分 ※コンタクトレンズ検査の場合+30分(ただし初心者は装用練習や取扱い説明にさらに50分程度必要となります)
  • 子供のメガネの注意点は?
  • 子供の場合は、成長にともなって顔の大きさも変化するため、1〜2年ごとにメガネ枠も交換しなければなりませんし、度数もすぐに変化してきます。そのため高価なメガネ枠は必要なく、壊れにくく安全な物がよいでしょう。メガネレンズは軽い物をお勧めします。  ※眼鏡処方へ

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 小学生以下の場合、メガネの方が目に負担が少なく安全です。まずメガネを1つ持つことが基本となります。そのうえで、球技などのスポーツをされる際はメガネが不向きな場合もあります。最近は使い捨てソフトレンズなど、便利なレンズや、メニコンのメルスプランなど使い勝手のよいシステムも好評です。 ※メガネとコンタクトレンズについてへ

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。