感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

虹彩炎(こうさいえん)

主な症状

  • 黒目の周りの充血・涙。白い霧がかかったように見える事が多く、痛みを伴う事も多いです。

どんな病気?

  • 虹彩炎(こうさいえん)は、虹彩から毛様体、脈絡膜など眼内部の炎症です。結膜炎のような表面の炎症とは異なり、目の深い部分での炎症となります。それだけに治療が難しい病気であるともいえます。原因は複雑多岐にわたり、眼科だけにとどまることもありますし、内科的な身体の疾患の部分症状のこともあります。通常は点眼治療が中心となりますが、内科的な疾患のと関係がある場合もあります。  ※眼の構造へ

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 60分です。
  • どんな病気から起こるのですか?
  • 結核などの細菌の感染、ヘルペスなどのウイルスの感染やリウマチ、糖尿病など全身の病気に合併しておこります。また、角膜炎などにかかった後に引き続いて発症する場合もあります。原因が不明なものも多くあります。一般的に再発しやすい病気です。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。