感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

乱視(らんし)

主な症状

  • ものが2重に見える。ゆがんだりかすんで見える場合もあります。疲れやすい。

どんな病気?

  • 乱視は主に角膜と水晶体の形状でおこります。角膜と水晶体を通る光の方向によって屈折する力が違う場合に網膜上の像が一点に結ばない状態をいいます。 つまり、角膜がまん丸のドーム型の形ではなく、ラグビーボールのように楕円球の形のため、眼にはいる光が強く屈折する部分と、弱く屈折する部分があるため、網膜には2つの像ができ、2重になった像が映し出されます。像が2重に見えるためだぶったり・ぼやけて見えるように感じます。この状態を乱視と呼びます。 ※屈折異常・「乱視」へ
  • また、物がだぶって見える場合に「私は乱視が強い」と言われる方が多いですが、実際のところ乱視はあまり強くなく、単なる近視であることがよくあります。乱視の場合でも二重になるのではなくぼやけて見えたりしますので、ご本人の自覚的な見え方だけではその原因が何なのかは判別できないわけです。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 30分 ※眼鏡処方の場合+20分
    ※コンタトレンズ検査の場合+30分(ただし初心者は装用練習や取扱い説明にさらに50分程度必要となります)
  • 乱視は疲れやすいのですか?
  • 乱視の場合は特に細かな物をみる場合に影響が出ます。また、近視や遠視を伴う場合が多く、勉強や近くの細かな作業には特に疲れがでやすいようです。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 乱視の場合、メガネや乱視用ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズで矯正が可能です。不正乱視・円錐角膜には、メガネや乱視用ソフトレンズでは矯正ができないのでハードコンタクトレンズや円錐角膜用ハードレンズで矯正します。 

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。