感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

老視(ろうし)

主な症状

  • 近くや手元が見にくい。疲れやすい。

どんな病気?

  • 老視(ろうし)とは、いわゆる老眼(ろうがん)のことです。近くでも遠くでも、ピントを合わせる調節力は加齢(=年齢が増加することに)より徐々に少なくなってしまいます。日常生活上の読書距離(約30cm)に、この調節力の減少が影響を与えるようになると手元が見にくくなり老視と呼ばれます。30代後半から少しずつはじまりますが、仕事や生活のスタイルで近くの作業が多い方は早く自覚症状が出ます。特に疲れやすくなったり肩こりや、頭痛をともなうことも多くなります。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 30分 ※眼鏡処方の場合+20分
    ※コンタトレンズ検査の場合+30分(ただし初心者は装用練習や取扱い説明にさらに50分程度必要となります)
  • 老視・老眼の場合、手元の眼鏡をかけたくないので、我慢した方がすすみにくいですか?
  • 老視・老眼は残念ながら、一種の老化現象ですから、これに逆らうことは出来ません。年齢とともに進行して行きますので、適切な矯正をして楽にものを見るようにした方が賢明です。逆に我慢することで、近くの作業による疲れや、肩こりをはじめ集中力までおちてしまう場合も多いようです。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 老視の矯正はその使用目的や、個人の症状の違いによっての判断が必要となりますので、眼科にてご相談下さい。メガネでの矯正が一般的ですが、コンタクトレンズを装用の上に老眼用のメガネを使用する方法もあります。また、コンタクトレンズの度数を下げて使うこともあります。最近では遠近両用のコンタクトレンズも発売されています。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。