感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

さかまつげ・睫毛内反(しょうもうないはん)・睫毛乱生(しょうもうらんせい)

主な症状

  • 異物感・目やに・涙が多い・瞬(まばたき)きが多くなり、まぶしかったり痛みを伴う場合もあります。

どんな病気?

  • 睫毛内反・睫毛乱生(しょうもうないはん・しょうもうらんせい)は、いわゆる逆(さか)まつげで、コロコロとした異物感を伴い、目やにや、涙が多くなります。瞬(まばたき)きが多くなり、まぶしかったり痛みを伴う場合もあります。睫毛内反(しょうもうないはん)は、まつげが内側(黒目の方)を向いている状態で乳幼児に多いとされます。睫毛乱生(しょうもうらんせい)は、まつげがいろいろな方向を向いている状態で老人に多いとされます。どちらもまつげが黒目や白目に触れることにより、角膜びらんや結膜炎を併発することがあります。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 約15分です。
  • 乳幼児にさかまつげが多いのはなぜですか?
  • まつげは眼の周りの筋肉に支えられて生えています。小さな子どもさんの顔は皮下脂肪が多く、この部分の筋肉がまだ発達していません。そのために、まつげが反らずに黒目の方を向いてしまうことがよくあります。成長して顔が引き締まってくると、自然に眼から離れる場合がほとんどですから、一般的には学童期まではあまり神経質にならなくてもよいでしょう。
  • 老人のさかまつげの原因は何ですか?
  • 年齢とともにまつげを支える筋肉が衰え、まつげがいろいろな方向をむいてしまうことが原因です。このさかまつげは乳幼児のさかまつげと異なり、時間の経過とともに自然治癒することはありません。
  • 老人のさかまつげは、絶対抜かなければならないのでしょうか?
  • まつげが常に触れていると、その刺激により角膜上皮(黒目の一番外側の組織)に傷がついたり、結膜炎が起こったりします。ですから、眼に触れているまつげが見つかった時は、眼科で抜いておく方がよいでしょう。しかし、たとえ眼にくっついているまつげを全て抜き去るという荒療治を行っても、次に生えてくる毛はまた同じ方を向いていますので、根治するには手術しかありません。とはいえ、眼に触れているまつげが1、2本程度なら、時々眼科で抜いてもらう程度でいいでしょう。
  • さかまつげに薬は不要ですか?
  • まつげの刺激により、角膜びらんや結膜炎を起こしている時は、治療のために目薬や軟膏を処方します。さかまつげそのものを薬で治すことは出来ません。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • コンタクトレンズを装用することで、さかまつげと角膜(くろめ)との刺激を防ぐことができます。角膜(くろめ)を覆うことができるソフトコンタクトレンズがおすすめです。症状には個人差がありますので眼科へご相談下さい。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。