感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

主な症状

  • 見にくい・ぼける・物がとぶ(飛蚊症)・影や暗くて見えない部分がある。夜間に見えにくくなることも特徴です。さらに、直線が歪んで見える等様々な視力障害が発生します。

どんな病気?

  • 失明など高度視力障害の原因の第一位が、糖尿病網膜症です。網膜は眼球の壁の内面にある、光を感じることの出来る膜のことです。網膜には小さな血管が網の目のように張り巡らされていて、網膜に酸素を供給しています。糖尿病になると、動脈硬化が進み、血液がドロドロになってしまうために、細い小さな血管がふさがれ酸素の供給が困難になっていきます。こうして、眼球内で出血などの障害が起きてくる病気を糖尿病網膜症といい、放っておくと失明に至ります。  ※眼の構造へ

Q&A

  • レーザー治療で視力が完全に戻りますか?
  • レーザー治療は、早い時期であれば80%に有効で、時期が遅くなると有効率は50%〜60%に低下するといわれています。また、この治療はあくまでも予防治療なので、レーザー治療を受けたからといって視力が良くなることはありません。ただし症状の進行を止め予防するという意味では、現在の技術では最善の方法とされています。
    ※レーザー治療へ
  • 早期発見早期治療のためにどうすればいいの?
  • 網膜症は、高血糖が長年続いていると発症する病気です。糖尿病が発覚したときに、既に網膜症の症状が出ていることもあります。自覚症状が出るようになったら、かなり進行が進んでいる状態が多いようです。糖尿病の方は自覚症状が出る前に、眼科で必ず定期的な検査を受けることが早期発見のポイントです。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。