感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ウイルス性結膜炎(ウイルスせいけつまくえん)

主な症状

  • ウイルス性結膜炎は、結膜(けつまく)白目(しろめ)部分の充血・出血、目やにや異物感、まぶしさを伴います。瞼(まぶた)の裏にブツブツが発生することもあります。

どんな病気?

  • 結膜とは、いわゆる白目の表面部分と上まぶたの裏側(白目と接するところ)と、下まぶたの裏側(白目と接するところ)をいい、この膜は外から異物が入ってくるのを防いでくれています。この結膜の炎症の原因が、ウイルスで起こる物をウイルス性結膜炎と呼びます。ウイルスの種類により症状や経過も変わります。このうち、アデノウイルスによって起こる結膜炎は、流行性結膜炎や咽頭結膜炎(いんとうけつまくえん)で「はやりめ」とか「プ−ル熱」とよばれるもので、短期間に集団的に発生する急性結膜炎です。また、これとよく似た急性出血性結膜炎は充血が大変強い種類です。これらの結膜炎は目からの分泌物がもとで伝染し、伝染性も非常に強いので感染予防がとても大切です。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 約15分です。
  • ウイルス性結膜炎といわれました。生活で特に気をつけることは?
  • はやり目というのは感染力が強いので、周囲の人に感染しないよう注意を払うことが必要です。家に人を招いたり、外出するなどは、できるだけ避けましょう。また、家族でもタオルを共通で使用するのはやめましょう。学校等でプールの授業があっても、プールに入らないことが原則です。
    ※人にうつさないためにへ
  • 充血もましになったので、目薬をやめてもいいですか?
  • 結膜炎の症状がおさまってきた頃に、角膜(かくまく=黒目の部分)の表面に小さな点状の濁り(にごり)が出てくることがあります。このときに治療をやめると、角膜が濁って視力がおちてくることがありますので、治ったかなと思っても、医師の許可があるまでは必ず点眼治療を続けるようにしましょう。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。