問診 コンタクトレンズ装用を希望する理由や目的をお聞きします。毎日使うのか、時々なのか。スポーツをするのか、職業や趣味などもコンタクトレンズの種類を選択するうえで重要なポイントになります。また、コンタクトレンズ経験者については、コンタクトレンズ装用歴、トラブルの有無、使用状況などをおたずねします。また、眼疾患や全身疾患の有無、手術歴などもコンタクトレンズを処方するうえで参考とさせていただきます。
角膜曲率半径の測定検査 角膜のカーブを調べる検査です。オートケラトメーター(自動角膜曲率半径測定機)角膜中央部の直径3〜4mmの部位における曲率半径の測定します。※当院のオートケラトメーターはオートレフラクトメーター(自動他覚的屈折測定機)と併用型で検査時間を短縮しています。
角膜形状検査 フォトケラトスコープを使用し、角膜中央部だけでなく角膜周辺部の曲率半径を測定して角膜の形状を調べます。コンピュータを用いた解析や、コンタクトレンズによる角膜形状変化の推移や円錐角膜の進行具合などについても写真にて記録・保存しています。
角膜内皮測定 マイクロスペキュラーをつかって、角膜の内皮細胞の大きさや数を調べます。初診時の異常や、定期検査時の角膜内皮細胞の健康管理を行います。この検査によりコンタクトレンズの装用を中止する場合もあります。
他覚的屈折検査(屈折検査) 近視、遠視、乱視の屈折異常の程度(度数)を調べる検査です。他覚的屈折検査はオートレフラクトメーターを用いています。※当院のオートケラトメーターはオートレフラクトメーター(自動他覚的屈折測定機)と併用型で検査時間を短縮しています。
自覚的屈折検査(視力検査) 他覚的屈折検査で得られたデータをもとにして、いわゆる視力検査(自覚的屈折検査)を実施します。近視、遠視、乱視の屈折異常の程度(度数)を精密に調べる検査です。近視遠視の基本検査では、雲霧法(うんむほう=ぼかすことで正確な検査をする方法)、クロスシリンダー法(乱視の検査方法)などの技術をつかって、正確な検査を行います。また、ご年輩の方の遠近両用のコンタクトレンズ検査では近見検査(きんけん=ちかくの見え方)も欠かせません。
前眼部検査 角膜の厚みの形等をチェックし、円錐角膜や他の角膜の病気などの有無、血管侵入がないかなどを調べます。またコンタクトレンズの検査では極端に瞬目(まばたき)の回数が少なかったり、程度が浅いの場合のチェックも重要です。また、巨大乳頭結膜炎などのアレルギーの有無のチェックも充血や異物感の原因となるため、コンタクトレンズの検査では欠かせません。
眼底検査 眼底検査では、視神経乳頭の色調、形状、陥凹、血管新生などをチェックします。黄斑部の状態に加え、網膜の状態を調べます。眼圧が正常値でも、正常眼圧緑内障の場合があるので、眼底検査で視神経乳頭の変形が大きいときは視野検査を行う場合もあります。
眼圧検査 眼圧は通常ノンコンタクトトノメーター(自動非接触型眼圧測定械)で測定します。必要がある場合は、アプラネーショントノメーターという装置でより精密に測定し、緑内障のチェックに役立てます。
  ハ−ドコンタクトレンズの検査 ソフトコンタクトレンズの検査
コンタクトレンズ(以下CL)の
カ−ブの選択
オートレフケラトメーターにより測定した角膜曲率半径のデータを参考にして、水平および垂直の角膜曲率半径の中間値を求めて、CLのベースカーブをもつテストレンズを選択します。 オートレフケラトメーターにより測定した角膜曲率半径のデータを参考にして、水平および垂直の角膜曲率半径の中間値を求めて、CLのベースカーブをもつテストレンズを選択します。ソフトCLの中にはカーブが1種類しかない物もあます。このレンズが合わない場合はCLの種類を変更します。
CLのサイズ(直径)の選択 ハードCLのサイズ選択は直径が8.0mm〜10.0mm近くまであります。角膜曲率半径や角膜の直径径、瞳孔径等の要素を考慮して決定します。 ソフトCLのサイズ選択は直径が通常12.0mm〜14.5mmと大きなレンズとなりますが、柔らかいレンズですので違和感は少ないです。角膜曲率半径や角膜の直径径、瞳孔径等の要素を考慮して決定します。
フィッティング検査 涙の観察のため、フルオレセイン染色によるレンズと角膜の間の涙液の染まり具合をチェックします。これをフルオレッセンパターンによる検査といいます。 ソフトCLは涙がしみこむので、ハードCLのように涙のフルオレッセンパターンによる染色検査ができません。したがって処方にはレンズの動きやズレかた、瞬き時の動きの観察等で判断されます。
度数の決定
(テスト用CL追加矯正)
視力検査で測定した度数を参考にCLの度数を決定します。この際、誤差がでにくいようにテストレンズの度数はなるべく、患者さんの度数に近いものを選択します。テストレンズを装用した上から眼鏡枠をかけ、眼鏡レンズを用いて追加矯正を行います。CLの度数を決定する場合、患者さんのご年齢や職業等の使用目的に合わせた適切な決定が重要です。 視力検査で測定した度数を参考にCLの度数を決定します。この際、誤差がでにくいようにテストレンズの度数はなるべく、患者さんの度数に近いものを選択します。テストレンズを装用した上から眼鏡枠をかけ、眼鏡レンズを用いて追加矯正を行います。CLの度数を決定する場合、患者さんのご年齢や職業等の使用目的に合わせた適切な決定が重要です。
装用練習 ハ−ドCLは通常ソフトレCLよりも、最初は異物感が強いためゆっくりと時間をかけて自信ができるまで練習していただきます。また、ハ−ドCLの場合は白目にズレることもあり、ズレたコンタクトレンズの治し方を練習していただきます。 レンズが柔らかく異物感が少ないので、比較的簡単に装脱ができるようになります。ただ、ソフトCLの大きさに抵抗がありなかなか装用できない方もいらっしゃいますが、最初はどなたでも初心者です。自信を持ってできるまで、何度でも練習に来ていただいています。
取扱説明 ハードCLは取扱が一般的には簡単ではありますが、CLの洗浄方法等を、練習用の実物CLで行います。 ソフトCLの取扱は、一昔前までは大変面倒でした。最近はハードレンズとあまり変わらない程簡単になっています。しかし、CLの洗浄方法は基本です。練習用の実物CLで行います。