アルゴンレーザー ←クリックしてください
  • 糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)
    • 慢性の糖尿病が原因で眼底に出血や白斑(はくはん)浮腫(ふしゅ)などを生じます。放っておくと失明することもあるので、早期に光凝固をすることで網膜症の進行を防止します。
  • 網膜静脈分枝閉塞症(もうまくじょうみゃくぶんしへいそくしょう)
    • 動脈硬化などが原因で網膜の静脈がつまってしまい、眼底に出血を起こすことがあります。薬物投与で様子を見る場合もあありますが、合併症の予防のために光凝固が有効です。
  • 中心性奨液性網膜脈絡膜炎(ちゅうしんせいしょうえきせいもうまくみゃくらくまくしょう)
    • 網膜の中心部に部分的な剥離(はくり)を生じて、そのことが原因で物がゆがんで見えたり、暗く見えたりします。過労やストレスが原因といわれています。症例により、光凝固を行ない進行を防ぎます。
  • 閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)
    • 隅角(角膜と虹彩が交わるところ)が狭いためにおこる緑内障。急性発作の場合は、眼痛・頭痛・嘔吐など激しい症状を起こします。緊急のレーザー虹彩切開術を行います。
  • 開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)
    • 隅角(角膜と虹彩が交わるところ)が広いためにおこる緑内障。薬物投与と手術が中心ですが、選択肢の一つとしてレーザ−治療を行う場合もあります。
  • 糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)
    • 慢性の糖尿病が原因で眼底に出血や白斑(はくはん)浮腫(ふしゅ)などを生じます。放っておくと失明することもあるので、早期に光凝固をすることで網膜症の進行を防止します。
YAG(ヤグ)レーザー ←クリックしてください
  • 後発白内障(こうはつせいはくないしょう)
    • 後発白内障(手術後の人工水晶体の入っている水晶体嚢が自然に濁ってくる)がおこる事もあります。YAG(ヤグ)レーザーで濁りを除去します。手術後は定期的な検査が大切です
※眼科で使うのレーザーの種類の説明
アルゴンレーザーを使用した光凝固法は、眼への負担が軽く回復も早いとの理由で、眼底疾患の画期的な治療法として、現在は日本はもとより世界中で広く使用されています。網膜剥離、中心性網膜炎、糖尿病網膜症、網膜出血など、主に眼底疾患に対する治療に使用されます。

YAG(ヤグ)レ−ザ−発生装置は主に後発白内障や緑内障治療に使用します。